かねてからの適正化が必要との意見により成立施行されたAV新法。
しかし出演者の権利保護を目的としたこのAV新法に関して聞こえてくる声はこの法によりむしろ状況がひどくなってしまったという声がほとんどです。

そんななか元舞妓さんかたから「AV業界よりも舞妓の業界こそ適正化が必要だ」とする動きが起こりました。

以下「AV新法が施行されたAV業界より古くからの伝統ある舞妓さん業界のほうが性暴力の温床でやばい?」としてまとめていきます。



➀元舞妓さん Kiyoha@物書きさんが舞妓さんの業界を告発!

今回舞妓さんの業界が性暴力の温床となっていることを告発したのは元舞妓のKiyoha@物書きさんです。

ご自身が舞妓さんとして活動されていた時に

・未成年(当時16歳)であるにもかかわらず浴びるほどのお酒を飲まされたこと。

・お客さんとお風呂入りという名目で混浴を強いられそうになったこと

・個室で胸や股を触られた

などとんでもない被害をツイッターで告発!
この動きを受けツイッターで「舞妓さん」がトレンド入りするなど大きな反響を呼んでいます。

➁舞妓さんの業界はAV新法が施行されたAV業界と類似

さて上述のようにご自身が体験した被害をツイッターで告発されたKiyoha@物書きさん。
同時にかなり悪質な花街ではご自身が体験したようなことが横行している一方で舞妓さんの業界全てがこのような劣悪と言うわけではないこともツイートされています。

この業界の一部があまりにもひどすぎるため業界全体が悪くみられてしまうという縮図ですが・・・今AV新法施行で何かと大変なAV業界とそっくりですよね。

セクシー男優のしみけんさんもちゃんとした手続きにのっとっていない一部の同人AVのイメージが悪すぎるせいで自分たち適正AVの業界までがAV新法により巻き添えを食う形になったと話をされています。



⓷Kiyoha@物書きさんの告発で舞妓さんの業界はどうなる?

さてKiyoha@物書きさんの告発でとんでもないほど関心を集めている舞妓さん。
おそらくですが未成年の段階での飲酒や性行為の強要というとんでもない行為だけに国として何らかのアクションがあることは間違いないでしょう。

ただここで気を付けなくてはいけないのが業界の実態も調査せず施行と同時に批判されることになったAV新法の二の舞にならないことですよね。

ちゃんとしている舞妓さんたちが大混乱の事態に直面するようなことがない改革を期待したいものです。

⓸「AV新法が施行されたAV業界より古くからの伝統ある舞妓さん業界のほうが性暴力の温床でやばい?」まとめ

以上「AV新法が施行されたAV業界より古くからの伝統ある舞妓さん業界のほうが性暴力の温床でやばい?」でした。

AV業界の性暴力の被害を食い止めるために施行されたAV新法について批判があふれる中そんなAV業界よりもやばい話が飛び出した舞妓さんの業界。

AV新法の動向ともども要チェックと言えそうですね。