ドラゴンボールヒーローズアニメの感想です。

 前回は身勝手の極意兆の悟空がカミオレンを圧倒するもハーツとラグスの攻撃を食らい身勝手が解け大ピンチに!?

 一方ベジータは進化版超サイヤ人ブルーに変身!カミオレンに戦いを挑む‥というところで終了しました。では反撃!第11宇宙頂上決戦のネタバレです。

進化版ブルーベジータの猛攻!

 進化版超サイヤ人ブルーとなったベジータがカミオ連に立ち向かう!互角以上の展開で次々と攻撃をヒットする!

 一方ラグスも必殺技「グラスバレット」で悟空に攻撃を仕掛けるもトランクスが助けに入りラグスに立ち向かう!ラグスのグラスバレットに突進し渾身のエネルギー弾を直撃させダメージを与える!

 灰色のジレンも不死身のザマスを追い詰めて行く!やはりジレンは強い!しかしザマスの不死身の能力の前に完全にトドメを刺すことが出来ないでいた‥

 進化版超サイヤ人ブルーはカミオレンを一方的に攻めたてる!そしてファイナルフラッシュで遂にはカミオレンの合体が解けてしまう!

 しかしトランクスの方はラグスの前に苦戦を強いられピンチに!今度は悟空がトランクスのピンチをすくうもラグスの攻撃をまともに喰らってしまう!

 するとここでハーツがラグスに第三宇宙のカンバーの援護を命じラグスは第三宇宙へ向かう‥

舞台は第三宇宙‥そして第七宇宙へ‥

 ハーツは悟空の心を読み「身勝手の極意」が完全でない事を知り、完全な「身勝手の極意」を引き出しそのうえで悟空を叩きのめすと宣言する。

 「面白ぇ!やってやろうじゃねぇか!」悟空は超サイヤ人になりハーツに向かう!
 しかし重力魔法で悟空の動きを止め、トランクスや進化版ブルーベジータの動きも封じてしまう‥するとそこに第七宇宙人の界王神が現れ悟空、ベジータ、トランクスを連れ第11宇宙から脱出し悟空達のピンチを救う!

 第十一宇宙のエネルギーを得たハーツたちは、次はターゲットを悟空の第七宇宙に決めた様子。立ち去ろうとするハーツに対しジレンが攻撃しようとするもハーツの作り出した謎のキューブに閉じ込められ何もすることができない。そのままハーツ達は第11宇宙を後にしてしまう。

久々のフュー登場!そして‥

 その頃・・・久しぶりに登場したフューは、自分の実験を盛り上げてくれる悟空たちに歓喜する。
 
 そして「いよいよ君の出番だ‥」というとモニターにはメタルクウラの姿が・・・(おわり)

反撃!第11宇宙頂上決戦の感想

 進化版ベジータブルーが強くてかっこよかったです。カミオレンを圧倒していました。

 しかし、今回は色々とツッコミどころが‥第七宇宙人の界王神が悟空、ベジータ、トランクスのピンチを助けるのはいいのですが‥なぜジレンとトッポは置いていくんだ(笑)一緒に助けてやれよと思ったのは私だけではないはずです(笑)

 またハーツ達が圧倒的に追い込みながらもバトルを中断しトドメをささないところなど色々モヤモヤする点が多いです。

 多分このアニメはそういうところを気にする人は向いていない、ただバトルを楽しむアニメと割り切った方が楽しめそうです。

 また最後ではフューが久々に登場!多分コイツがラスボスのはずがすっかりハーツに存在感を奪われた感が‥そしてなんと次元の狭間にフューを追いかけて以降行方不明だったクウラが登場!それもメタルクウラになっています。
 フューによりメタルクウラ化したのでしょうか?

 今後フュー、そしてメタルクウラがどのように絡むのか楽しみです。