ドラゴンボールヒーローズアニメ第十六話「ザマスVS第7宇宙!野望の結末」のネタバレ感想です。

不死身ザマスVS第七宇宙の戦士達

 悟空たちはカミオレンとの戦闘によりボロボロの状態に‥

 そんななかハーツは四角のキューブ状のエネルギーの様なものを集め巨大な立方体を作り出す。どうやらその中で完成した宇宙の種の力を我が物にしている様子‥

 そうはさせまいとベジータがその立方体に向かって攻撃を仕掛けるもザマスがその攻撃を止める。

 人間であるハーツの肩を持つザマスの行動に驚きを隠せないトランクス・・・
するとザマスが自身の目的である「人間0計画」を遂行するのは、全王が邪魔であるという事、その全王をハーツが倒す事により、自身の目的を邪魔する者がいなくなり、速やかに「人間0計画」が叶えられると自身の思惑を語り出す‥

 そして「裁きの鉄槌」を発動し悟空たちを追い詰める。防戦一方の悟空達。悟空がなんとか踏ん張り攻撃を仕掛けるも後ろをとら、背中を折られそうになる‥

最強の救世主達登場!

 すると空から光とともに
第11宇宙最強の戦士「灰色のジレン」が現れる。第11宇宙の界王神の力により悟空たちの戦いに加勢すべくやってきたのだ。

 そしてザマスがジレンに攻撃を仕掛けたとき時飛ばしが発動!なんと第6宇宙最強の戦士「殺し屋ヒット」も参戦しザマスを殴り飛ばす。

爆誕!究極ハーツ!

 二人の強力な助っ人と共に悟空がザマスに攻撃しようとした瞬間、巨大な立方体が輝き出し悟空達は立方体のエネルギーにはじき飛ばされてしまう‥そしてその立方体が割れ中から現れたのは黄金に輝くハーツだった‥
宇宙の種の力を完全に手にいれたハーツは神であるザマスに対して「感謝はしてるが‥神には消えてもらいたいんだ‥」と自身が作り出した立方体にザマスを閉じ込めそのまま完全に消してしまう‥

 ハーツが全身から気の波動を放つと激しい戦闘により瓦礫となった地上の瓦礫が一瞬で消えてしまう‥そしてハーツは「これが究極の神殺し」と言い放つ‥(おわり)

ザマスVS第7宇宙!野望の結末の感想

 ザマスがあっけなく退場してしまいましたね。どうせ消すのなら悟空達を排除した後でやればよかったのに何故このタイミングなのか‥相変わらずヒーローズは理解に苦しむところがあります。
 またハーツに味方する理由もいまいちでしたし、そもそもどういう経緯で監獄惑星のコアエリアに封印されていたのか?片目になった経緯は何なのか?とうとう謎のまま退場してしまいました(笑)

 今回個人的にアツくなったのはジレン&ヒットの登場です。これで考え得る最強の布陣が整いました!

 一方とうとう完成した宇宙の種の力を我が物としたハーツ。神々しい輝きや背中の角など少しGTの超一神龍を連想させます。

 早速瓦礫とザマスのを能力で消滅させましたがこの能力を「究極の神殺し」というのでしょうか?

 さて気になる次回は第17話「究極の神殺し!ハーツ誕生!」です。