怪獣8号第19話のネタバレ感想です。

前回第18話ではカフカと人型怪獣による怪獣同士の闘いが幕を開ける・・・

戦いを見守るレノが不吉な予感を感じるなか人型怪獣を圧倒するカフカ。
レノやイハルを散々苦しめた人型怪獣の砲撃を口からの超音波で一蹴すると怒涛の攻撃で人型怪獣を追い込み弱点ともいえる核が露わになる。

あとは核を破壊すればカフカの勝利・・・
しかしその時カフカを敵怪獣と認識した防衛隊が現れカフカに銃口を向けるのだった・・・

というなんとも気になるところで終了となりました。
カフカはこのピンチを切り向け人型怪獣に勝利することができるのか?
それでは早速最新話第19話を見ていきましょう。




怪獣8号第19話あらすじ➀

場面はカフカとキコルがレノとイハルの危機を感知したところにさかのぼったところからスタート。

以前怪獣8号に変身したときに人型怪獣の存在を感知したことを思い出し一目につくリスクがあるのも顧みず怪獣8号へ変身するカフカ・・・

そして人型怪獣を感知し急いでその場へ向かうカフカであったがその姿を防衛隊に捕らえられ保科副隊長が怪獣8号の討伐に動き出すのだった・・・

怪獣8号第19話あらすじ➁

カフカに銃口を向ける討伐隊。
討伐隊に気をとられている間に体を修復しつつ体勢を立て直す人型怪獣。
逃すまいとするカフカであったが人型怪獣が討伐隊に放った指弾を盾となり受け止める間に逃げられてしまう・・・

そしてカフカもこの場にいては危険だとレノとイハルが救助されたのを見届けその場から逃走。

そして人気のないところで変身を解こうとしたそのとき保科副隊長が現れる・・・!!

怪獣8号第19話あらすじ⓷

保科副隊長が怪獣8号と遭遇したことを無線で知るレノとキコル・・・
怪獣8号の正体がカフカであることを知る2人は心の中で保科に怪獣8号は敵でないことを訴えるもその心の声が保科に届くはずもなく保科が怪獣8号に攻撃を仕掛ける。

圧倒的なスピードでカフカに襲い掛かる・・・
そのスピードは人型怪獣を圧倒したカフカも驚くほど・・・
しかし保科はまだ全力ではなかった・・・

「本気で行く」とリミッターを解除

解放戦力92%という驚異的な数値を開放した保科副隊長がカフカに襲い掛かる・・・(おわり)

怪獣8号第19話感想

予感はしていましたが人型怪獣には惜しくも逃げられてしまいました。
現時点では怪獣8号が圧倒的に強いイメージがありますが去り際に「特徴は把握した」と言っており、今度戦うときはカフカがかなり苦戦することを予感させますね。

そして冒頭で保科副隊長が動き出したことから嫌な予感はしていたのですが最後にその嫌な予感が的中・・・
保科副隊長VS怪獣8号へと展開してしまいました。

次回全力の保科副隊長の攻撃に対してカフカがどう対応するのか?
そして怪獣8号の正体を知るレノやキコルが何か動きを見せるのか?
そしてミナの動向も気になりますね。

怪獣8号単行本第1巻本日発売

さてそんな怪獣8号ですが待望の単行本第1巻が今日12月4日に発売となります。
Twitterでのトレンド入りやネットニュースにも取り上げられるようになった怪獣8号。
最近読み始めた方も多いのではないでしょうか?

ジャンプ+でキン肉マン週プレのように無料公開されている本作ですが、無料で見れるのは第1~3話までと最新話からの直近の3話の計6話。

そのため第4話以降は単行本でしか見ることができません。
つまり怪獣8号をもっと楽しむためにもこの単行本第1巻は必須アイテムなのです。

そんな怪獣8号の単行本を無料で購入する方法を別記事にまとめました。
コチラも是非ご覧ください。