本ブログでたびたびお話ししていますが私は元国家公務員一般職の職員です。
その当時の経験を活かし国家公務員の内情や国家公務員試験の合格体験記等々についても記事を書いているところです。
さて毎年このころになると国家公務員一般職試験が近いということもあり関連記事が多く読まれる傾向にあります。

そこで何かこの国家公務員試験一般職試験関連で新しいネタはないか物色していたところ興味深いものをみつけました。
それはヤフー知恵袋の投稿記事だったのですが「国家公務員一般職試験は官庁訪問をしっかりしておかないとかりに最終合格しても採用の際に不利なのか?」
という内容のものでした。

はたして本当に国家公務員試験一般職試験は官庁訪問を行わないと仮に最終合格しても採用の際に不利なのでしょうか?
今日は私の体験談を交えながら「国家公務員一般職は官庁訪問しないときついって本当?」についてまとめたいと思います。




➀国家公務員一般職は官庁訪問しないときついって本当?・・・そもそも官庁訪問って何をするの?

ではまず官庁訪問とは何かということからお話ししましょう。
官庁訪問は国家公務員試験受験者を対象に行われる各省庁が採用活動において行う採用プロセスの一つです。
(民間の就職活動での会社訪問・面接活動といったほうがわかりがいいかもしれません。)
国家公務員一般職試験の場合は一次試験後に各省庁で行われます。

この官庁訪問の気になる内容ですが具体的には業務説明を行うとともに実質的な採用面接が行われるとされています。
これにより各府省サイドは合った人材を見つけるとともに受験者側は業務説明等により具体的な業務内容を働く前に知ることができることでお互いメリットがあるというわけです。

※一般的に実質的な採用面接といわれている官庁訪問・・・
 しかし人事院の実施する国家公務員二次試験に最終合格しなければこの官庁訪問でいくら相手先にいい印象を残したとしてもその努力は水の泡と消えてしまいます。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
※官庁訪問について現役人事がまとめた本がコチラ!!受験生必須アイテム?

➁国家公務員一般職は官庁訪問しないときついって本当?・・・ネット上で見られた意見まとめ

ではそんな官庁訪問。
私が見つけた投稿記事「国家公務員一般職試験は官庁訪問をしっかりしておかないとかりに最終合格しても採用の際に不利なのか?」に対するネット上の回答をいくつかまとめたいと思います。

・事前に最終合格したことを想定してコネクションを作っておくのは大事!

・事前に何回も足を運ぶことで好印象を与えることができる。

・最低でも5回は足を運ぶべき!

・・等々「官庁訪問は必ず行うべき!」という意見がほとんどでした。
実際私が受験生だった時も一次試験合格発表の確認後その足で各省庁へ官庁訪問へと直行する受験生がほとんどだったのをいまでも鮮明に覚えています。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
※官庁訪問について公務員試験大手予備校TACさんがまとめた本がコチラ!受験生必須?

⓷国家公務員一般職は官庁訪問しないときついって本当?・・・ほとんど官庁訪問をしなかった私のケース

さてではここからは私の体験談を交えながらお話ししていきたいと思います。
この一般的には受験生必須とされている官庁訪問ですが・・・私はほとんどしませんでした(笑)
その理由は以下のものです。

・たとえいくらいい印象を与えたとしても必ず採用される保証はない

・何回も足を運ぶなんて交通費の無駄。

・とくにこれといっていきたいという省庁がない。

・官庁訪問する時間があればプレイするのを我慢していたファイナルファンタジー10-2をプレイしたい

ちなみに私は大学卒業の卒論のテーマが公共事業だったこともあり唯一公共事業に関連した行政を行う国土交通省の出先機関の整備局には多少関心がありました。
そのため唯一整備局には何回か官庁訪問に行きましたが・・・
「これ本当に必要?」くらいにしか思いませんでした。

早く切り上げてファイナルファンタジーがやりたくてうずうずしていたのをいまでも覚えています。(笑)

そしてこのようにほとんど官庁訪問をしないまま無事に国家公務員試験二次試験に最終合格するわけですが・・・
合格と同時に携帯が着信の嵐(笑)
唯一官庁訪問に行った整備局はもちろん「どこそれ?」という省庁・・・はては独立行政法人からもひっきりなしに面接案内の電話がかかってきます。

・・・つまり官庁訪問に行くまでもなく「うちに来てほしい・・・」というお誘いがむこうからあったのです。
そして面接もすんなり合格。(確か3つ目だったと記憶しています。)

「こんなに簡単に決まっていいの?」と思うと同時に「官庁訪問って改めて無理してまでやる必要がないな」と再認識したのでした。

⓸国家公務員一般職は官庁訪問しないときついって本当?・・・まとめ

以上「国家公務員一般職は官庁訪問しないときついって本当?」についてまとめました。
具体的に「この省庁で働きたいんだ!」という熱い思いを持っている方ならばともかくそういった方以外であれば官庁訪問など時間とお金の無駄と断言します!
国家公務員一般職は官庁訪問しなくてもどこかで必ず採用される試験です。

官庁訪問=必須という変な迷信に惑わされることなく楽に採用を勝ち取りましょう!!