本ブログで度々お話ししていますが私は元国家公務員。
現在知り合いの現役職員と共同して元職場である関東運輸局の各種ハラスメントや不正と思われる問題を告発しその記事をまとめています。

以前神奈川運輸支局(横浜車検場)が軌道兼用車という車に関しての不正車検を行っていると思しき案件を告発した記事を書きました。
結果は失敗に終わってしまったわけですが・・・

実は先日この件で現役職員が神奈川運輸支局の幹部職員から不当な圧力を受けたということがありその件を行政相談窓口へ告発をしました。

ところがその相談窓口先の関東運輸局人事課は失笑せざるを得ない無能な回答に終始(笑)
非常に面白いやり取りが繰り広げられました。

そこで本件を「国家公務員 運輸局幹部職員のパワハラを告発したら相談窓口が無能ぶりを露呈した件」としてご紹介したいと思います。




➀国家公務員 神奈川運輸支局の不正車検の概要

まずはおさらいとして私が告発した神奈川運輸支局の不正車検と思しき案件についてざっとお話しします。

鉄道会社の方が使用する特殊な車に軌道兼用車という車があります。(道路と線路の2つを走行することが可能な車とイメージしてください。)

そして軌道兼用車として車検場で手続きする際には使用者が鉄道事業者であることの確認できる許可書などの「書面の提出があったときに限り」手続きを可能とする旨通達に規定されています。

ところが神奈川運輸支局ではいままでその書面の提出がない状態で軌道兼用車の車検を合格させていたのです。

このてんを私と現役職員が告発したところ神奈川運輸支局の幹部職員が上局の関東運輸局や国土交通省本省の了解を得たうえで「神奈川運輸支局においては必要な書面がなくても軌道兼用車の手続きを可能とする」旨の独自ルールを作成・・・冒頭のように逃げられてしまったというわけです。

➁国家公務員 幹部職員神奈川運輸支局に軌道兼用車の取り扱いについて証明願を出してみた

このように現在神奈川運輸支局ではこの軌道兼用車について車検制度の根幹たる国土交通省の了承を得たという建前のもとで独自の車検ルールーの元手続きを行っています。

ところがこの必要な書面なくして軌道兼用車の車検が合格となるのは神奈川運輸支局管内のみです。
実際に他のエリアの運輸局に意見照会をかけましたがどこの運輸局からの回答も「そんな神奈川の取り扱いなど知らん!」といった感じの回答でした。

さてここで少し私事の話になってしまうのですが・・・
わたしの地元は富山県・・・そして私の親戚は北陸最大手のバス会社の取締役を務めています。
そしてその会社は軌道兼用車も自社で保有しています。

先日富山に帰省した際にその親戚にこの神奈川運輸支局の軌道兼用車の独自ルールの話をしたところ・・・
「うちの会社も是非そのやり方でやりたい。富山の車検場に相談してみたいので神奈川運輸支局が独自ルールの元軌道兼用車の車検手続きを行っている旨記載された公文書のようなものはないのか?」
という話になりました(笑)

そこで現役職員と相談した結果証明願という願出書を神奈川運輸支局に提出することにしたのです。



⓷国家公務員 神奈川運輸支局に証明願を出したところ幹部職員からのパワハラが待っていた!

証明願というのは役所に対して「一定の事実に関してその内容が間違いないと証明してください」という制度です。

もっともなんでも証明してくれるというわけではなく一定の事由についてのみが対象となっています。

今回の軌道兼用車について神奈川運輸支局が独自のルールを作成の元車検手続きを行っているということに関しては「証明をしなくてはいけないという理由がない」として却下されてしまった(要はまた逃げられてしまいました)のですが・・・

ここで事件が起こりました(笑)

証明願には証明願が欲しい人間の氏名・住所・連絡先を記載します。
氏名については私の名前を・・・そして住所・連絡先については現役職員のものを記載して提出したのですが・・・

この点に気が付いた神奈川運輸支局長Nが私の知り合いの現役職員に電話をかけ➀「証明願は内部の職員は行うことができない」➁「名前と住所・連絡先がそれぞれ別人のものを記載したということは虚偽申請を行ったということだ。何を考えているのか?」と圧力をかけてきたのです。

⓸国家公務員 神奈川運輸支局幹部職員のパワハラを相談窓口に告発!!

さて実はこの証明願ですが事前に➀証明願は誰でも行えるものであること➁記載事項の氏名・住所・電話番号につき住所は住民票の住所ではなく居所を書いても支障はないこと、そして電話番号も証明願について話が分かるものであれば氏名として記載した者の番号でなくてもよいことは事前に運輸局の行政相談窓口で確認済みでした(笑)

その旨の回答もメールでもらっておりしっかり残してありました(笑)

また神奈川運輸支局の幹部職員は私の知り合い職員に電話で不当な圧力をかけた後にメールでも圧力をかけてきたのですが・・・そのメール内で私の知り合い職員に対して虚偽申請を行った犯罪者呼ばわりしたことが残っていました。

そこでただでさえ不正車検を隠ぺいされたと感じていた我々はこの幹部職員を不当な圧力をかけ犯罪者呼ばわりをされたとして行政相談窓口で告発を行ったのです。

⓹国家公務員 神奈川運輸支局幹部職員のパワハラを相談窓口に告発したら無能ぶりを露呈した件

さて私は以前にも現役職員時代に受けていたパワハラに関しての公益通報制度や行政相談窓口を利用しての告発記事をまとめています。

この件は告発から2年がたとうとしているにもかかわらずいまだなんら解決に至っていません。

そのため今回の神奈川運輸支局幹部職員である支局長Nのパワハラについても全く期待はしておらずむしろどんなあきれ返る対応をするのだろうと楽しみにしていたのですが・・・
そこは関東運輸局人事課のこと期待を裏切りません(笑)

まずは上述の経緯をまとめ行政相談窓口に送付したところに1か月ほど経過した後に「調査の結果そのような事実は確認できなかった」との回答が返ってきました。
それをうけ「証拠として神奈川運輸支局長Nが現役職員に対し虚偽申請を行った犯罪者であると断罪したメールを持っている。証拠として送付したいがどこに送ればよいか?」と再度相談窓口にメールをしました。

するとまた1月ほど経過した後に「本件についてはNにも確認したうえでの調査の結果そのような事実はなかったことを確認しております。」となんとも素気のない回答が(笑)

そこで「私は証拠を持っていると主張しているのにそれを見ないでどうしてNが不当な事実をかけていないという事実認定を行うのか?せめて私が持っている証拠を見て事実認定を行うべきではないのか?」と三度迫ってみました。

それから1月経過した後に回答が返ってきたのですが・・・
その答えは「繰り返しになりますが本件は調査を終えております。そのような証拠は提出いただく必要はありません」という私の期待以上の最高の回答だったのです(笑)

⓺「国家公務員 運輸局幹部職員のパワハラを告発したら相談窓口が無能ぶりを露呈した件」まとめ

以上「国家公務員 運輸局幹部職員のパワハラを告発したら相談窓口が無能ぶりを露呈した件」まとめでした。

ハラスメントの相談窓口である関東運輸局人事課という部署はハラスメントの事実認定に際し告発者が証拠を持っていると主張してもそれを確認すらせずに自分たちに都合のいい事実認定を行う部署であるということがよくおわかりいただける格好のエピソードといえる
のではないでしょうか?

正直告発者が証拠を提出したいといっているのに「その必要はない」とバッサリ切り捨てるのですからあきれたものです。

ましてや1月ほど回答に時間をあげたうえでこのような回答を行うあたりさぞ無能な職員が担当をしているのでしょう(笑)

今後もどのような無能ぶりを露呈して私を楽しませてくれるのか?
ワクワクが止まりません(笑)