本ブログで度々公言していますが私は車検場に勤務していた元国家公務員です。
 現在公務員時代に受けていたパワハラや明らかに懲戒処分となるべき問題職員について公益通報制度や現役の内部職員とともに告発を行っている様子を記事にしているところです。

 さて先日その現役の内部職員(以下内部職員とします。)から大変興味深い案件につき告発を行うため協力をお願いされました。
 その案件とは車検場職員による不正車検&公文書偽造です。

 車検場というと文字通り車検を行う行政機関です。
 そして車検にはクリアしなくてはいけない各種の検査基準がありそれらの基準をクリアして初めて車検に合格します。
 そして晴れて車検に合格した車については車検に合格した証である検査伝票という公文書が発行されます。
 ところが内部職員曰くとあるK運輸支局の車検場で検査基準をクリアしていない状態であるにもかかわらずあたかも基準を満たしたものとして検査伝票を発行しておりまたその証拠もつかんだというのです。

 そしてこのK運輸支局の車検場は数年前にも職員が不正車検を行い逮捕者が出たという前歴がある車検場なのです。

 今日は「国家公務員の内部告発  車検場職員による不正車検&公文書偽造が再び?」についてまとめていきたいと思います。




➀国家公務員の内部告発  車検場職員による不正車検&公文書偽造が再び?・・・軌道兼用車の車検基準

 自動車にはその用途により乗用車・貨物車・特種自動車といった具合に種類が存在し各々の種類によって登録する際に発行される自動車のナンバープレートが違ってきます。
 そしてその種類に応じて車検の検査基準も違ってきます。

 さて今回内部職員から不正車検に関する情報提供があったのはこのうちの特種自動車に該当する軌道兼用車という鉄道会社が使用する道路と線路の両方を走ることができる自動車についてのものです。

 特種自動車は自動車に俗にいう8ナンバーが付与される自動車なのですが特別な用途を粉うための自動車ということもあり車検の際にその特別な用途のために使用するということを証明する書面を提出しなくてはいけません。

 そして軌道兼用車の場合使用するものが鉄道事業者として許可等を受けたことを証する書面・・・すなわち鉄道事業の許可書や認可書を提出しなくてはいけないことになっています。

 ところが内部職員曰くK車検場では車検の際に必要な鉄道事業の許可や認可の証明書がない状態で軌道兼用車につき車検を合格させているというのです。

➁国家公務員の内部告発  車検場による不正車検&公文書偽造が再び?・・・内部職員が掴んだ証拠はある?

 そして内部職員曰くこのK運輸支局の車検場での軌道兼用車についての不正車検につき証拠も押さえてあるというのです。

 そのいきさつは以下のような感じです。
========================================
➀内部職員はK運輸支局とは別の車検場に勤務する現役職員。
 あるとき某大鉄道会社が内部職員の勤務する車検場に軌道兼用車の登録申請にきたさいに鉄道事業の許可書・認可書がないことに気づいた内部職員が申請人にその旨指摘したところ「K運輸支局ではいつもこれでやってもらってる」とその鉄道会社の現在事項証明書(登記簿謄本)を提出。

➁確かに謄本上のその会社が何の事業を行うか会社かが示されている事業の目的欄には鉄道事業が登記されていました。
 しかし登記簿謄本は事業の許可や認可を受けている証明にはならないためこれでは軌道兼用車の検査基準を満たさないいうお話をしたところ「何故K車検場ではOKなのにここではだめなのだ」とトラブルに発展。

⓷そこで内部職員が実際にK運輸支局に確認したところ「当車検場ではでは軌道兼用車について鉄道事業の許可書や認可書ではなくその事業者の登記簿謄本にて検査を合格させている」とメールにて回答があった。
======================================== 
 私も内部職員からK運輸支局からの回答メールを転送でもらい中身を確認しましたがハッキリと「当車検場では軌道兼用車について鉄道事業の許可書や認可書ではなくその事業者の登記簿謄本にて検査を合格させている」と書いてありました。

 つまり実際に不正車検&公文書偽造を行っていることの自白を得たも同然の状況になったということです。

⓷国家公務員の内部告発  車検場による不正車検&公文書偽造が再び?・・・過去にもあったK運輸支局の不正車検

 さて今回少なくとも特種車両としての軌道兼用車につき検査基準で提出が必要とされている書類があるにもかかわらずその書類がない状態で検査に合格させているという不正車検を行っていることが発覚したK運輸支局の車検場。

 実はこれが初めてではないのです。

 今から約5年前の2015年に車高が高い車に装着が義務づけられている補助ミラーなどが装着されていないにもかかわらず車検基準を満たしているとして検査伝票を発行したとして3名の逮捕者が出ているのです。

 当時私はまだ現役職員でしたがそこそこニュースになり職員に注意喚起のお達しが出たにもかかわらずよりによって不正車検をやらかした当の車検場がいまだに不正車検を行っているというわけです。

 まさに反省の色なしという言葉を体現する腐敗組織といえますね。
 

⓸「国家公務員の内部告発  車検場職員による不正車検&公文書偽造が再び?」まとめ

 以上「国家公務員の内部告発  車検場職員による不正車検&公文書偽造が再び?」についてまとめました。

 私はこれから車検場のおおもとである運輸局はもちろん国土交通省本省への公益通報。
 さらにはマスコミ・警察とありとあらゆるところへこの問題につき働きかけをしてみようかと考えています。

何か動きがあり次第記事にしていきたいと思います。

 ひょとしたら本記事がきっかけで大きなニュースに発展・・・?
 なんてこともあるかもしれません。