鬼滅の刃とドラゴンボールと言えば時代こそ違えどともに週刊少年ジャンプに連載された超人気作品ですよね。
 そして鬼滅の刃のラスボスは鬼舞辻無惨。
 一方のドラゴンボールのラスボスと言えば数ある敵キャラの中でも全宇宙の悪の帝王フリーザを連想される方が多いのではないでしょうか?

 この2人。
 ともに読者に絶望感を与えるほどの強さの持ち主であり非道の限りを尽くす悪の象徴というまさにラスボスらしい共通点があるのですが、意外なことに理想の上司として無惨が敬遠される一方でフリーザを高く評価する意見が多くみられるのです。

 一体この理由は何なのでしょうか?
 考察してみたいと思います。




鬼舞辻無惨が上司だったら・・・無惨パワハラ会議よりうかがえる特徴

 無惨の部下の接し方として有名なシーンといえば鬼滅の刃のアニメ26話で伝説のシーンとなっている無惨パワハラ会議ですよね。

 この会議を通して部下に対する接し方としていくつかの特徴がわかります。

 ・部下を招集して放った第1声が「頭を垂れてつくばえ・・・平服せよ」⇒超威圧的で完全なパワハラ(笑)

 また、「必ず役に立つから時間を欲しい」と懇願する部下に対し「具体的にどれほどの猶予を与えれば何ができるか説明しろ」と完全論破で突き放す。(最近でいうロジハラというやつですね)⇒見切りをつけたら容赦しない

 この会議では5人のうち4体の下弦の鬼が無惨により粛清されますがその理由は同格の鬼(下弦の伍の鬼である塁)が鬼殺隊に敗れたことで存在意義に疑問を持ったというもの。
 特に4体の鬼が失敗を犯したわけではない⇒自分の判断が絶対である

 

フリーザが上司だったら・・・特徴まとめ

 ではドラゴンボールのフリーザはどうでしょうか?
 これまでの部下に対する接し方をまとめてみました。すると悪の帝王らしからぬ素晴らしい点がいくつも出てきたのです!
 

・戦闘力がはるかに劣っている部下に対して基本は敬語を使う。

・部下の名前をしっかり憶えている。
 (下級戦闘員のアプールの名前はもちろんのこと下級サイヤ人戦士ラディッツの名前も覚えている描写があります。)

・部下が失敗しても汚名挽回のチャンスをあげる
(ザーボンがベジータを取り逃がした失態を犯した際激怒したものの「1時間以内にベジータを見つけなければ・・・」とすぐに粛清はしませんでした。)

・部下の改善点を的確に指摘してくれる。
(ザーボンがベジータを倒した旨報告した際、ザーボンが水に濡れてしまうことを嫌いベジータの生死を確認しなかったことが詰めが甘いとやんわり指摘しました。)

・部下を傷つけない配慮ができる
(ギニューがドラゴンボールが揃ったお祝いに喜びのダンスを踊る提案をした際、ギニューを傷つけないようやんわりと断った。)

 このように敵としては恐ろしいフリーザですが上司としてならばかなり有能で理想の上司にその名が挙がっても納得できる点が多々見受けられるのです。

無惨とフリーザに学ぶ理想の上司像・・・まとめ

 以上、「無惨とフリーザに学ぶ理想の上司像」についてまとめてみました。

 思えばドラゴンボール超劇場版「復活のF」ではかつての部下にドラゴンボールによって生き返ることができたフリーザ。

 こういったところからも単にネット上で理想の上司としてその名が上がるだけでなく、実際の部下からの信頼が厚いこともうかがえますね。(おわり)