カタールで開催されているサッカーワールドカップ。
開催国枠で初出場したカタールは残念ながらグループリーグで3戦全敗で予選落ちとなりました。

この結果によりワールドカップ開催国として数々の不名誉な記録が誕生することになってしまいました。
以下「ワールドカップ開催国枠で初出場のカタールが予選落ちで数々の不名誉記録が誕生!」



➀ワールドカップ開催国枠で初出場のカタールの不名誉記録1

さて上述の通りグループリーグ3戦全敗で数々の不名誉記録が誕生することになったカタールですが・・・実はグループリーグ開催前からすでに不名誉な記録を持っていました。

それは開催枠国としてワールドカップに初出場したということ。
つまり自力でワールドカップ予選を突破してワールドカップに出場したことがなかった史上唯一の国だったのです。

先のアジアカップで日本を下しての初優勝した記憶が新しいカタールですがアジア予選は本当に鬼門。
最終予選までは進むものの最下位に沈むことも多く今回の初出場でどんな戦績を見せてくれるかに注目が集まっていましたが・・・ホームアドバンテージという後押しがあったにもかかわらずグループリーグ全敗という最悪の結果が待っていました。

➁ワールドカップ開催国枠で初出場のカタールのグループリーグ戦績

ではここからはグループリーグ3戦全敗したことで誕生した開催国カタールの不名誉記録をまとめていきます。
しかしその前にカタールのグループリーグでの戦績を以下まとめたいと思います。

・エクアドル戦・・・0-2

・セネガル戦・・・1-3

・オランダ戦・・・0-2

いずれも2点差以上の差をつけられたの完敗と言えますね。
では以下このスコア結果を受けて誕生した開催国としての不名誉記録をまとめていきます。



⓷ワールドカップ開催国枠で初出場のカタールの不名誉記録2・・・勝利0

残念ながら3戦全敗となったカタールですが・・・開催国として出場した国で史上唯一の勝利を挙げられなかった国になってしまいました。

これまで開催国として出場した国でグループリーグを突破できなかった国は南アフリカのみ。
しかしその南アフリカはグループリーグ最終戦でフランス相手に勝利を挙げています。

開催国としてグループリーグを突破することができなかった2か国目になると同時に自国民の声援を受けるホームアドバンテージを有しながら1勝もできなかった初めての国になってしまったのです。

⓸ワールドカップ開催国枠で初出場のカタールの不名誉記録3・・・勝ち点0

そしてもう1つの不名誉記録・・・それは勝ち点0で終わったことです。
引き分けであれば勝ち点1が手に入るところ3戦全敗で勝ち点は0。

セネガル戦でなんとか1点返したのが開催国としてのせめてもの意地だったということになりそうですね。

⓹「ワールドカップ開催国枠で初出場のカタールが予選落ちで数々の不名誉記録が誕生!」まとめ

以上「ワールドカップ開催国枠で初出場のカタールが予選落ちで数々の不名誉記録が誕生!」でした。

しかしワールドカップ自力出場がないながらもアジア王者として迎えた今大会。
開催国として旋風を見せてくれるのではないかと期待していたのですが現実は甘くなかったようです。

今回の結果を受け「やはり開催国は出場経験のある国の名から!」という流れになるかもしれませんね。