山梨学院大学の優勝で幕を閉じた高校サッカー選手権大会。
私の地元富山県代表の富山第一高校サッカー部は2014年以来の全国優勝とはならなかったものの全国ベスト8という堂々の成績を残してくれました。

さて7年前の劇的な優勝がいまだ伝説として語り継がれる富山第一高校サッカー部ですが有名なOBとして鹿島アントラーズやイタリアセリエAでも活躍した元日本代表の柳沢敦さんや現在ベガルタ仙台に所属する西村拓真選手らに代表される名ストライカーを輩出しています。

そして柳沢さんや西村選手のようなプロ入りはならずとも高校選手権やインターハイといった全国大会でで得点王のタイトルを獲得したストライカーも輩出しています。

そこで今回は富山第一高校サッカー部出身の全国大会得点王のタイトルを獲得したストライカーをまとめてみたいと思います。




<➀富山第一サッカー部 歴代全国大会得点王ストライカー・・・石黒 智久さん

富山第一サッカー部歴代全国大会得点王ストライカー。
まず最初に紹介するのは199年度の第78回高校選手権大会で得点王となった石黒智久さんです。

この大会で富山第一高校を富山県勢初となる選手権全国ベスト4を導くとともに準決勝までの全4試合で9得点・・・すなわち1試合平均で2点以上と大活躍しました。

ちなみにこの選手権での1大会9得点と言う記録は当時の大会新記録。
この記録を破り選手権1大会で10得点を達成したのは現日本代表フォワードの大迫勇也選手でした。

そんな石黒さんは富山第一高校卒業後は愛知学院大学へ進学しサッカーのユニバーシアード代表候補になるなどしましたがプロからの誘いはありませんでした。
 

➁富山第一サッカー部 歴代全国大会得点王ストライカー・・・渡辺 仁史朗さん

続いて紹介する富山第一サッカー部歴代全国大会得点王ストライカーは2013年度の第92回選手権大会で得点王となった渡辺 仁史朗さんです。

あの石川県代表の星稜高校との北陸対決の決勝を大逆転で制し奇跡の優勝を達成した2013年度の第92回選手権大会の得点王です。(6試合4得点)

富山第一高校卒業後はサッカーの強豪校ではなく地元富山の国立富山大学へ進学しました。

先日「クロスロード」という番組で富一選手権メンバーのその後を追ったドキュメンタリー番組に登場していましたがそれを見る限り大学進学後はサッカーをやっていないような印象がありました。

・・・もったいない気がしますよね 

⓷富山第一サッカー部 歴代全国大会得点王ストライカー・・・小森 飛絢さん

最後に紹介する富山第一サッカー部歴代全国大会得点王ストライカーは2018年度のインターハイで得点王となった小森 飛絢さんです。

この大会で高松商高(香川)との初戦さらには長崎日大高(長崎)との3回戦でハットトリックを達成するなど計7得点を挙げる大活躍を見せこの大会の全国ベスト8入りに貢献しました。

そんな小森選手は現在お隣新潟県の新潟医療福祉大学サッカー部で北信越リーグで得点王に輝くなど大活躍中。

また新潟医療福祉大学はプロ選手も多数輩出している実績があるだけに今後小森選手がプロの世界に羽ばたくという可能性も大いにありえます。

今後要注目の選手と言えるでしょう。

⓸富山第一サッカー部 歴代全国大会得点王ストライカーまとめ

以上、富山第一サッカー部 歴代全国大会得点王ストライカーまとめでした。
最近・・・特に2000年代に入り全国大会でも上位進出することが当たり前になりつつあるほど力をつけてきた富山第一高校サッカー部。

また近いうちに新たな得点王を獲得するストライカーが誕生することも十分ありえるのではないでしょうか?

新たなストライカーの誕生を心待ちにしたいと思います。