連日ネットによる誹謗中傷が原因として若くしてこの世を去られた女子プロレスラーの木村花さんのニュースが大きく報じられています。
ご逝去されたのが22歳という若さだったこともありニュースを見るたびに悲しい気持ちになってしまいます。

さてこのネットによる誹謗中傷が大きな社会問題としてクローズアップされているわけですが、
残念ながら私の地元富山県においても富山県内でのコロナ感染者の一人目とされる方への誹謗中傷をネットでよくみかけます。さらにはその感染者一人目とされる方の個人情報までネット上に挙がっておりとんでもない状態になっています。
そして最近では地元の友人や知り合いからこの方についての悲しい噂も耳にすることがありました。

今回は少しでもネット上の誹謗中層が少しでもいい方向に進む願いを込めてこの富山県コロナ感染者一人目とされる方への誹謗中傷についてまとめてみたいと思います。




富山県内初のコロナ感染者発生の経緯

まずは改めて富山県内初のコロナ感染者発生の経緯を振り返りましょう。

3月21日にヨーロッパ旅行から帰国した京都産業大学の知人らが出席していたゼミの卒業祝賀会に参加。
その祝賀会でコロナウイルスに感染したと見られています。
そして卒業後この女子学生とその友人ら複数人が接触したことで感染者が瞬く間に拡大しました。

SNSで身バレして自宅特定され村八分に

さて、この富山県内でコロナ感染者の一人目となった感染者についてですが、真偽はともかくとして、
ネット上では富山市の八尾に住む袋井みずきさんという方であるという情報が多くのサイトで見受けられます。

そして自宅に石を投げられたり、落書きをされたり果ては家の前で「出ていけ」と叫ばれるといった嫌がらせを受けており耐え切れず一家ごと引っ越しをしたという情報も多く見受けられました。

ネット上でも富山県コロナ感染者一人目とされる方への誹謗中傷の嵐が・・・

現代はネット社会です。冒頭の木村花さん同様にネット上においても富山県内初の感染者=袋井みずきさんとしたうえでの数多くの誹謗中傷が見受けられます。以下いくつかネット上で私が見かけたものをまとめます。

============
富山の恥。
============
どうしようもないバカ学生
============
まさにテロリストのような輩
============
インスタライブでマスクもせずに移動してるのを配信してる段階でバカ確定
============

なかには「これ以上責めないで」という擁護意見もあったものの95%以上は誹謗中傷と言ってもいい内容でした。

私自身は以前別記事でも書いたように「モラトリアムの大学生がやったことなのだし、致死率自体は大したことのないウイルスなのだからもう少しおおらかな気持ちで見てあげればいいのに・・・」という5%の少数派なのですが・・・
このような気持ちでこの問題を捉える人はなかなか富山県民にはいないようです。




富山県コロナ感染者一人目とされる方に関する悲しい都市伝説が・・・

さてそんななか富山に住む私の母親や友人などからこの富山県コロナ感染者一人目とされる方についての悲しい噂=都市伝説を耳にしました。

それはこの富山県コロナ感染者一人目とされる方が相次ぐ嫌がらせやネット上の誹謗中傷を苦に自ら命を絶ったこと、
そしてこの事実は公にはなっていないものの富山県側から教育委員会、そして教育委員会から各小・中・高等学校へと伝達されており(自殺の事実は伏せたうえで)生徒にコロナによる偏見を持たないように指導することとするお達しが出されているとするものです。

富山県コロナ感染者一人目とされる方への誹謗中傷について・・・まとめ

私にはネットで噂されているようにこの富山県コロナ感染者一人目とされる方が袋井みずきさんと言う方なのかはわかりませんし、自宅において落書きや投石などの嫌がらせがあったのかも実際確認したわけでないのでわかりません。

しかし少なくともこの袋井みずきさんに対して数多くのネット上の誹謗中傷が行われていたことは実際に確認しました。
上述の噂=都市伝説は信じたくはないところですが、残念ながら十分にありうる話だと思っています。
その場合ネット上の誹謗中傷が原因で20そこそこの女の子が2人命を落としたということになります・・・

この噂=都市伝説がデマであって、どこかでちゃんと生きていてくれることを祈りたいと思います。

しかし本当に人の悪意や偏見と言うものはいつの時代になっても恐ろしい・・・