11日に幕を閉じた高校サッカー選手権。
 2-2のスコアのままPK戦にまでもつれ込む激闘は山梨学院が優勝候補本命とされた青森山田に勝利。
 11年ぶりの優勝を果たしました。

 この試合では山梨学院のゴールキーパーの熊倉選手が大活躍。
 PK戦で青森山田のPKを2本ストップ。
 さらには熊倉選手はPKを止めた青森山田の安斎選手とは中学時代はチームメイトだったこともあり大きな話題を集めました。

 さてそんななか熊倉選手とは別の山梨学院のある選手が注目を集めています。
 サッカー界のスパースターと言えばポルトガル代表のクリロナことクリスティアーノ・ロナウド選手ですよね。
 どうやらそんなロナウド選手が以前日本に来日した際の神対応とされる出来事に関係しているようなのです。




クリロナ「なぜ笑う?」神対応エピソード

 2014年の7月健康美容器具メーカーのイベントで来日したロナウド選手。
 イベントでは1万人以上の応募者の中から選ばれた3名がロナウド選手に質問できる機会が設けられました。
 
 その3名の中に「僕の夢はプロサッカー選手になることです。どうしたら良いかアドバイスをください」と練習してきたポルトガル語でロナウド選手に質問した男の子がいました。
 流暢なポルトガル語ではなかったためか取材に来ていた報道陣から失笑ともとれる笑い声が・・・
 
 しかしその報道陣の笑いに対し、「なぜ笑うんだい?彼のポルトガル語は素晴らしいよ」とロナウド選手はその男の子をフォロー。
 報道陣を諫めたのでした。

 このロナウド選手の対応は当時神対応としてかなり話題になりましたよね。

山梨学院優勝メンバーにクリロナ神対応のあの子供が!

 さてこの上述のロナウド選手から神対応を受けた男の子のエピソードから約6年半後の2021年1月11日の成人の日に見事11年ぶりの高校選手権優勝を果たした山梨学院サッカー部・・・

 なんとその優勝メンバーの中にこの時の男の子がいたのです。

 その選手は背番号25番MF岩岡遼太選手。

 1回戦の米子北戦はベンチ外だったものの2回戦の鹿島学園戦ではベンチ入りメンバーに名を連ね後半アディショナルタイムから選手権初出場を果たすと次の3回戦の藤枝明誠戦ではついにスタメン出場を果たすなど優勝に貢献しました。(・・・しかしこの試合で負傷退場するとその後の準々決勝、準決勝、決勝では出番がありませんでした。)

クリロナ神対応の岩岡選手・・・気になる選手権後は?

 さてそんなクリロナ神対応の岩岡選手・・・
 選手権後どのような道に進むのか気になりますよね?

 調べたところ山梨学院大に進学し大学経由でのプロ入りを目指すようです。

 今回の選手権優勝の勢いそのままにロナウド選手との約束ともいえるプロサッカー選手の仲間入りを果たすことができるのか?
 今後の岩岡選手に要注目と言えそうですね!!

 以上、「山梨学院優勝メンバーにクリロナ神対応のあの子供が!」についてまとめました。