昨日東洋大学ミスターグランプリ準優勝者で日本テレビ系列で絶賛放送中のザ・世界仰天ニュースにも出演経験のある糸洲朝貴容疑者のニュースが大きく取り上げられていました。

東洋大学と言えば箱根駅伝で優勝経験もある有名大学ですよね。
そんな有名大生によるわいせつ事件ということで大きな話題をさらった糸賀容疑者の事件。

しかしここのところ日本最難関の私大といっても過言ではない慶応大学生や日本の最高学府である東大生によるわいせつ事件など超高学歴有名大学生によるわいせつ事件が後を絶ちませんよね。

そしてこのような有名大学生によるわいせつ事件と言えば・・・私の母校でもある早稲田大学スーパーフリー事件を思い出される方も多いのではないでしょうか?

そこで今日は有名大学生によるわいせつ事件の元祖といっても決して過言ではない早稲田大学スーパーフリー事件についてまとめたいと思います。




➀有名大学生わいせつ事件の元祖早稲田大学スーパーフリー事件・・・概要

スーパーフリー事件は、早稲田大学の公認イベントサークルスーパーフリーを舞台に組織的かつ巧妙に行われた大規模な輪姦わいせつ事件です。

「スーパーフリー」のメンバーであった大学生らは、1998年4月頃から常習的に女子大生らへ輪姦を行っていたとされその被害に遭った女性の数は数百人以上に上るといわれています。
 
2003年5月に警察に被害届が出されたことで事が明るみとなり早稲田大学の他にも東京大学、慶應義塾大学、法政大学、学習院大学、日本大学といった首都圏の名門大学出身の学生ら合わせて14人が準強姦罪で実刑判決を受けました。(その一方逮捕されなかった人物も数多くいるといわれています。)

この事件は2004年の集団強姦罪・集団強姦致死傷罪の創設につながった事件として法曹界でも有名です。
また大人のビデオや漫画で俗にいうヤリサーを舞台にした作品が数多くありますよね。
そのきっかけになった事件としてもアダルトな業界でも非常に有名な事件です。

➁スーパーフリー事件の最大の首謀者と言えば代表の和田さん 気になる現在は?

さてこのスーパーフリー事件。
上述の通り14名の超高学歴有名大学生の逮捕者が出たわけですが(もっともその陰数百人以上の被害者の女性がいるわけですが・・・)、なかでも首謀者として一番当時マスコミに取り上げられた人物と言えば和田さんこと和田真一郎さんですよね。

早稲田の中でも一番偏差値の高い政治経済学部に入学。
その後授業料未納のため退学処分となったのち第二文学部に一般入試で入学しなおすという頭の持ち主。
「そんな優秀な人物が何故こんな凶行を?・・・」と連日報道されたものです。

そんな和田さん。
刑務所収監中に簿記1級を取得!(合格率は10%未満の超難関資格)
その他にも数多くの資格を取得し出所・・・

現在はとある地方都市で名前を隠しひっそりと生活されているそうです。

⓷早稲田大学スパーフリー事件・・・トリビア➀早稲田大学サークル情報誌マイルストーン

さて実は私も出身大学は早稲田でこの事件が明るみに出た2003年の卒業生です。
そのためこの事件はとてもよく覚えています。

そこでこの早稲田大学スーパーフリー事件についてのちょっとしたトリビアをいくつか紹介してこの記事を終わりたいと思います。

まずは早稲田大学サークル情報誌マイルストーンについてです。

今はわかりませんが私が学生だった頃早稲田大学西早稲田キャンパス近くの本屋でマイルストーンと言う雑誌が販売されていました。

これは早稲田大学に関するデータベースのような雑誌で全学部の講座の情報(この教授の講座は単位が取りやすいなどなど)はもちろんサークルの情報も掲載されていました。

スーパーフリー事件が発覚しこのマイルストーンをみてみるとイベントサークル欄にしっかりスーパーフリーの紹介記事が・・・!

しかも代表連絡先として和田真一郎の名前とともに携帯番号が記載されていました

このマイルストーン経由で毒牙にかかった早稲田女子もいたのかもしれないと思うと当時胸が痛んだものです。



⓸早稲田大学スパーフリー事件・・・トリビア➁スーフリメンバーの自宅で違法薬物栽培?

私はこのスーパーフリーというサークルの存在を事件報道で知りました。
当時私の友人に女遊びが派手な友人がいたためこのサークルを知っていたかを聞くとなんと以下の驚愕の答えが返ってきました(笑)

「知ってるよ。メンバーと知り合いで家に行ったこともある」と・・・

それでけでも驚いたのですがその友人曰くメンバー宅ではマッシュルームキノコが栽培されていたとのことで「コイツは危ない」と思って付き合いをやめたとのことでした。

やっぱり危ない集団だったんだなとゾッとしたのを覚えています。

⓹早稲田大学スパーフリー事件・・・トリビア⓷早稲田大学の校歌が!!

さて早稲田大学の校歌と言えば「都の西北(せいほく)早稲田大学」という歌詞が有名ですよね。

このスーパーフリー事件が大きく報道されていたさなか「都の性欲(せいよく)早稲田大学」なる替え歌が横行

当時の早大生たちは非常に肩身の狭い思いをしたものです。

⓺「有名大学生わいせつ事件の元祖 早稲田大学スーパーフリー事件」まとめ

以上「有名大学生わいせつ事件の元祖 早稲田大学スーパーフリー事件」まとめでした。

上述の通り東洋大や慶応・そして東大生とここのところ続く有名大学生によるわいせつ事件。
しかし凶悪性や被害の大きさをみるとやはりスーパーフリー事件がいかにとんでもない事件であったか再認識させられます。

こういった事件が少しでも減少することを切に願ってやみません。