今日ニュースを見ていますと茨城県日立市在住の45歳の男が元勤務先に昨年9月から12月の約3か月もの間に元勤務先に363回もの無言電話を繰り返し業務を妨害したとして威力業務妨害により逮捕されたというニュースが掲載されていました。

 さてこのブログで公言しているように私は元国家公務員なのですが、上述のニュースほど悪質な妨害行為には出くわしたことはないのですが退職する直前にいまだに思い出しても腹の立つ威力業務妨害行為の被害に巻き込まれてしまったことがあります。

 今日はそんな私が国家公務員時代に経験した威力業務妨害事例をまとめてみたいと思います。




➀国家公務員 私の経験した威力業務妨害事例

 まずは私が国家公務員時代経験した威力業務妨害事例を簡単に振り返りましょう。

 とあるときミドリカワオサムと名乗る人物が来所。
 「1月前にここの役所で手続きをしたものだが返却してほしい書類の原本を返して貰っていない。」
 「当時の書類を確認して返却してほしい」
 と唐突に要求してきたのです。

 その返却してほしい書類の原本と言うのは裁判所の発行した判決文の原本。
 
 急いで書類を確認しミドリカワのものと思われる申請書類を特定し確認したところ書類に添付されていたのは判決文の原本ではなく写し。
 そしてその写しには「原本確認及び返却済み」と私の確認印が押印されていたのです。

 そこで「申請書類に添付されているのは写しで原本は間違いなく返却している」とミドリカワに説明したのですが、手続きしてから1月以上も経過したタイミングで唐突に役所に乗り込んでくるような悪質な輩です。
 全く聞く耳を持ちません(笑)

「自分が手続きに来たが間違いなく何も書類の返却は受けていない」の一点張り。

 結局「返した」「もらっていない」の超低レベルのやりとりが1時間以上も続いたのでした。

➁国家公務員 私の経験した威力業務妨害事例・・・超悪質クレーマーの粘着行動

 さて上述のように「返した」「もらっていない」の1時間以上のやり取りの末帰っていったミドリカワ。

 ・・・しかしやはりそれでは終わりませんでした。
 その後ミドリカワは職場本部へ私の対応につき「書類を返却するのを怠っったくせに態度が悪い」などと苦情の電話を入れます。
 そして当然のごとく私は職場本部から事情聴取を受ける羽目に・・・

 この悪質クレーマーミドリカワのために私はもちろん職場本部までもが巻き込まれほとんど半日にわたり時間がとられてしまったのでした。

⓷国家公務員 私の経験した威力業務妨害事例・・・その後の笑ってしまう顛末

 さてこの一件ですが・・・今大抵の役所ではトラブルがあった場合用に窓口などを防犯カメラで録画し一定期間画像を保管しています。
 それは私の勤務していた役所でも同じでした。

 そこでこのミドリカワが申請に来た時の画像がないかを検索してみたところ見事に画像が残っていました。
 そしてその画像を見ると明らかに判決文の原本と写しの照合作業を行ったうえで原本と思われる書類をミドリカワに渡す私の姿が(笑)
 そしてそれをハッキリと受け取り自分のカバンへとしまうミドリカワ(笑)

 これにより明らかに自分が書類を紛失したにもかかわらずそれを役所のせいにして自分の不始末を責任転嫁しようとしていることが明らかになったのでした。(笑)

 急いでこの画像を万が一のバックアップとして私のスマホにも保存し後はまたミドリカワがまた来所したときにこの画像を突き付けてやろうと待ち構えていたのですが・・・結局その後は音沙汰なし。
 そしてそのまま私は副業で儲けたため退職・・・

 残念ながら(?)ミドリカワの慌てふためくであろう姿を見ることはできませんでした。

⓸国家公務員 私の経験した威力業務妨害事例・・・まとめ

 以上、「国家公務員 私の経験した威力業務妨害事例」についてまとめました。
 
 冒頭の無言電話のような妨害行為ほどではないかもしれませんが国家公務員は些細なことがそれら妨害行為の対象となり理不尽な悪質攻撃をしかけられやすい職種です。

 これから公務員を志望される方はこういった目に遭うかもしれないということも覚悟しましょう。
 せっかく合格してもメンタルを病んですぐにダメになってしまうということはざらにあります。

 それからこのミドリカワという人物。
 本名なのか仮名なのかは不明ですが神奈川の某政令指定都市で活動している業者とのことでした。
 上述の通り客に返却しなければいけない書類を紛失してしまうような人物です。
 心当たりのある方は注意してください。
 あなたの大事な書類がなくなってしまうかもしれませんよ。