国家公務員はおおまかに日本の行政の中枢たる霞が関の各省庁で勤務する本省勤務と、庁や局など本省の出先機関勤務に大別されます。

私は元国家公務員として出先機関に20年ほど勤務していたのですが最近ネットなどを見ていますと国家公務員としてまったりとした生活を送りたいから出先機関勤務を志望するという方々の書き込みをよく見かけます。

そこで実際に出先機関で勤務していた人間の体験談をふまえ「国家公務員 出先機関は本省勤務と違ってまったりしていて定時で帰れるって本当?」についてまとめたいと思います。




➀国家公務員 出先機関は本省勤務と違ってまったりしてるって実際どうなの?

結論から言います。
ハッキリと国家公務員の出先機関はまったりというのは甘い甘い幻想です。
正確には「本省よりはマシ」の一言に尽きます。

このブログのパワハラ職員を告発した体験談をまとめた別記事などでも書いていますが私は国土交通省の出先機関である関東運輸局という組織で約20年勤務していました。

まず最初に勤務したのは佐川急便さんやクロネコヤマトさんなどでおなじみのトラックの運送事業に関しての許認可業務を行う部署でした。

この部署には2年半ほど在籍していましたがこの間ずっと毎日午後11時ごろまで残業。

最初の1年目に関しては土日出勤も当たり前と言うような感じでした。

➁国家公務員 定時で退庁できる職場はあるの?

公務員を志望する方の多くは「まったりと安定した生活を過ごしたい」という方が多くそういった方が出先機関を第一志望にされる方が経験上多いような気がします。

しかし出先機関でも毎日11時まで残業。
さらには土日出勤も当たり前となると驚かれる方が多くいらっしゃるかもしれません。

ちなみにこの理想と現実のはざまに揺れ入庁してすぐにメンタルを病み退職するというケースも毎年必ず発生します。

では果たして土日出勤がないのはもちろん定時の夕方5時15分に退庁できるような職場はなのでしょうか?
実はちゃんと存在します!!

それは運輸局の自動車の登録部門です。
運輸局は運送業の許認可業務の他にも様々な業務を行っています。
この自動車の登録業務はそのうちの1つなのですが、この部署は毎日必ずと言っていいほど定時で帰れる職場ということになります。

⓷国家公務員 定時で帰れる自動車登録部門・・・しかし?

さてこのように数ある出先機関のなかでも運輸局の自動車登録部門は定時で帰れる職場です。
しかしまったりした雰囲気かというと残念ながらそうではなく殺伐としているところがほとんどです。

何故か?

自動車登録業務は窓口業務の上1日の申請件数がかなりの量のため非常に作業スピードが求められます。
ところが運輸局の人事を行う人事課は「定時で帰れる職場=誰でもできる仕事をやっている部署」という安易な考えでいるため能力のない職員を優先的に人事配置する傾向があります。

そのためスピードを求められるところに無能な公務員が寄せ集めとなっているのが実態のためなかなか機能しないところが多く長時間待たされた申請人が激怒し窓口トラブルに発展することが多々あります。

⓸「国家公務員 出先機関は本省勤務と違ってまったりしていて定時で帰れるって本当?」まとめ

以上、「国家公務員 出先機関は本省勤務と違ってまったりしていて定時で帰れるって本当?」についてまとめました。

少なくとも運輸局に関しては部署によってはガッチリ残業はあり土日出勤もありえます。
またこれまた自動車登録部門のように残業がないという部署もあるものの無能な公務員のたまり場となっているところが多いためまったりとした雰囲気ではないということになります。

まったりした公務員生活を過ごしたいと出先機関を志望している貴方!!
今すぐ甘い考えは捨て去りましょう!!

※まったりとはいかないまでも定時で帰れる職場のはずの自動車の登録部門に最近異変が起きているようです。
詳細をコチラにまとめました。

※国家公務員試験で出先機関勤務を志望する受験生が圧倒的に増えているようです。
そんな出先機関の中で人気の官庁はどこなのか?
ランキングをコチラにまとめました。